池郎BLOG

食べ物の日記。

2015年10月


食べたい…炒飯が食べたい…。
そうだ、俵飯に行こう。

来ちゃった!



うおお!豊富すぎる炒飯の種類!

レタス、青菜、ガーリックの追加や、あんかけまで出来てしまうところが素晴らしい。王様になった気分だ。


青菜炒飯(830円)
+大の小(200円)
+卵増し(100円)
+肉増し(150円)

贅沢な炒飯が到着。頑張って値段的にも王侯貴族を演じてみた。



うわぁ、うまい!!

青菜は絶妙な火加減、卵はフワフワ。それでいてお米はパラパラしすぎていない。



肉増し、ありがとうございます!

うん!これも椅子から転げ落ちるくらいうまい!青菜、卵、お米、肉、全てが主役そのもの。



量めっちゃ多くて時間かかったけど、ペースを落とさず完食。何より、うまい!

ごちそうさまでした。
うぅ…これ書いてたらまた行きたくなってきた~。



ホワイト餃子の鴻巣店にやって来た。



到着時、空き席があった店内もじわりじわりと混んできた。

卓上のお酢をドバドバとタレに加えて待機。


焼餃子15コライス(850円)

期待通りのビジュアル。
うまそうだ。



色白さん、そそられる。

まさにホワイトな餃子。皮はガリっと食感、中の餡は具がたっぷり。



餃子ライスちわっす!

餃子はやっぱり、ライスでいただく。餃子ひとつひとつの食べ応えがあって、満足感高め。



美味しいキャベツスープはコンソメ風味。

ホワイト餃子、間違いなし!
ごちそうさま!


武蔵小金井の祥龍房に来た。



おお!
炒飯だけでも種類が凄く豊富!



ランチだと750円で食べられるという叉焼炒飯が凄く気になる。


辣炒飯(780円)

刺激が欲しかったので辣炒飯にした。

辣炒飯は唐辛子肉入りチャーハンのこと。ちなみにこれで普通盛。



ピリ辛でうまい!

大陸テイストなチャーハンだから好みは分かれるかもしれないが、ほのかな辛さが全体に広がり、非常に絶妙なバランスをもたらしている。



キクラゲなんかも入ってるふんわり玉子スープは、お椀やお麩がジャパンな印象を抱かせる。

ごちそうさまでした。


↑このページのトップヘ