池郎BLOG

食べ物の日記。

タグ:ラーメン二郎<八王子野猿街道店2>

野猿の二郎。


小ブタ辛い奴(980円)
ヤサイ少なめ•アブラ


ブタがうめぇぇぇ!ふわっふわ。この厚さにも関わらず、歯を使わずに食べられる。


野猿ならではの黄色い麺。しっかりした歯ごたえゆえに、後半なかなかのダメージを受ける。


辛いスープうめぇぇぇ!。辛さはピリ辛程度。塩分濃度の高い野猿のスープも、辛い奴にすることで幾分マイルドに感じた。摂取してる塩分量は変わらないのだが...


ラーメン二郎 八王子野猿街道店
■ PC店リンク   
■ Twitter 


日曜16時の野猿街道店。到着して10分も経たぬうちに麺切れ。自宅から野猿二郎までは2時間以上かかる。今思うと危なかった。


野猿名物ミニボウル。これがあるとけっこう便利。この器に野菜や豚を移せば食べ易さがupするから。醤油を回しかければ栃木の某店の人気メニュー、コッ●マン風に。


小ラーメン(730円)
辛い奴•アブラ
たまねぎたまご(100円)
生たまご(50円)

アブラをセルフコッ●マンに移動して、いただきまぁす。


2枚合わせるとポケット書籍くらいの大きさになる野猿の豚。分厚いし、柔らかいし、うまかあ。


アルデンテなカタさのパツパツ麺。たまごを落とせば、たまごかけ二郎の完成。辛い奴だと幾らかスープの粘度が増すので天地返しは要注意!油断してると飛び散っちゃう!


トマトスープみたいな色のピリ辛汁。うめぇー!染みるぅー!あっ、朝噛んじゃって口の中ケガしてただけです。でも、やっぱり野猿の辛い奴は最高!からうまラーメン世界一!


ラーメン二郎 八王子野猿街道店 ■ PC店リンク 
■ Twitter 



肌を突き刺さすような強烈な日差しを受けながら開店前から並んだ野猿二郎。


開店と同時に着席。あれ、生たまごの容れ物がミニボウルじゃなくてお椀だ!


小ラーメン豚入り(880円)
〜味薄め•アブラ〜
生たまご(50円)

野猿はしょっぱいので味薄めに。その代わりと言ってはアレだが、アブラは必ず増そう!


って、豚が凄いことになってる!
デカイだけじゃなくてめっちゃ美味しいんだからね、野猿の豚は。


味薄めながらも野猿のスープはかなりしょっぱめ。生たまごとともに麺を頬張ればシャープな塩気に幾分か丸みを帯びさせることが可能だ。うん、パツパツしててうまい!


うまかったー。いつ来てもお店の雰囲気がアットホームな感じで好感が持てるよね、野猿。大好き!

↑このページのトップヘ