池郎BLOG

食べ物の日記。

タグ:ラーメン二郎<栃木街道店>

ライスが始まったという情報を聞きつけ栃木へ。


ラーメン用とライス用にそれぞれ生玉子を1つずつ。那須御養卵なのであります。


ラーメン豚入り(850円)
ニンニク少しアブラ
小ライス(100円)
生玉子(50円)
生玉子(50円)

栃木で初めていただくデフォのラーメン。ここのTAROが物凄くお気に入りなのだが、デフォはどうだろうか?


ひょえええ、こでらんね!デフォもゆるぎない。甘めの激旨スープとホクホク野菜の界面には郡司の豚がインサートされている。トチジの豚、味染みてて柔らかくて、うまっ!6枚くらい入ってた。

麺も神ってる!この柔らかめの麺が咀嚼要らずでスルスル胃に落ちて行く。那須御養卵もうまっ。


ラーメンを食べ終えた後は食後のデザートに移ろ・・うっ・・・。本来ならば、浮き立つような気分で小ライスを食べていただろうこの栃木の地で、今苦痛に顔を歪めながら箸を持っている。二郎後のライスは想像の5倍ヘビーということ。那須御養卵の濃厚な味とアブラの甘みを舌では喜びつつもお腹は悲鳴をあげるTKGであった。


ラーメン二郎 栃木街道店
■ Twitter
■ facebook 



肌を突き刺すような強烈な陽射しはデブの大敵。この建物でいいや。とりあえず中に入ってひと涼み〜。


ラーメン(700円)
ニンニク少し•アブラ
TARO(100円)
うずら(100円)
生玉子(50円)
ショウガ(50円)

あっ!


有料トッピングが豊富な栃木街道店。自分でカスタマイズしてオリジナルの一杯を楽しめるのも二郎の魅力のひとつ。


ピリ辛TAROにニンニクプラス。


栃木の豚をご覧ください。照明の関係で写りが悪いが豚増し売り切れが悔やまれる旨さ。


栃木の麺にブランド卵の那須御養卵がキマる。デロっと柔らかく飲める麺に濃厚な黄身の味がアシスト。あぁ・・これなんだよなぁ。


詳しく分析出来ないけど意識が遠退く旨さだった。栃木がホームの人が狂おしいほどうらやましい!


ついに来ました栃木街道店。この日が来るのを何度夢見たことであろうか。


那須御養卵がお出迎え。鮮やかで如何にも濃厚そうな黄身のお誘いに、乗らない手は無い。


ラーメン豚入り•アブラ(850円)
+TARO(100円)
+生たまご(50円)
+ショウガ(50円)


豚である。郡司豚という名のブランド豚を使用しているとのこと。しっとり柔らかく何枚でも食べたくなる。栃木のレベルの高さに脱帽。


うわぁ凄い。程よい辛さの胡麻辣油とショウガによるポカポカ作用。仄かに酸味も感じるTARO汁。コシ強めな麺。おまけに、那須御養卵の甘みまで楽しめる。


今までの人生でTAROを知らなかったのが恥ずかしい。やはり栃木は半端じゃなかった。

↑このページのトップヘ