池郎BLOG

食べ物の日記。

タグ:深川つり舟

国分寺と立川の間に位置し、その両者から1字ずつ取って命名された・・そんな何とも単純明快な街『国立』に僕はいた。


穴子天丼(1200円)

何度か訪れている超有名店つり舟。天丼や海鮮丼を中心とした腹ペコ男子必見の和食のお店だ。


ホカホカに炊き上がったご飯はおかわり自由。もちろんおかわりした。穴子もフワフワであまりに美味しかったゆえ、椅子から転げ落ちそうになった。お座敷だけどね。


国立の深川つり舟。
美味しい丼モノがたらふく食べられるお店だ。


たくあん
+豆腐

お通しといったところか。席につくなり提供された。


穴子天丼(1200円)

これは、決して器が小さい訳ではない。穴子天の大きさたるや。
いただきます。


穴子天

ハミ出す穴子はサクサク二匹。


野菜天

穴子天を別皿に移したところ、野菜天がこんにちわ。
サクサク。ナス、サツマイモ、ジャガイモ、ニンジン。


ご飯(2杯目)

ご飯はおかわり自由。
これは、嬉しいサービス。
もう一匹の穴子天でいただく。

味噌汁。ほのかに蟹の旨味があった。

夢中で完食。
ごちそうさま。


国立市にある深川つり舟。
美味しい大盛りドンブリがあると聞いた。


良い香り。さっそく入ってみた。
お座敷に通され、天丼メニューの中からひとつ選んだ。

ミックス天丼(1300円)
冷ややっこ、漬物、味噌汁付き

穴子が大きい。美味しそう。
穴子だけじゃない。イカ、人参、かぼちゃ、そしてサツマイモの天ぷらがライスを被覆してる。
観ただけで美味しいのは、もうわかるのだが、いただきます。

どこから攻めるか。

穴子天の北側はイカ天2つ。
穴子天の南側は野菜天3つ。

北か南か迷いつつも、赤道から。
穴子天は、ふわふわな身がサクサクな衣を着ていて、トロける美味しさ。

野菜天は、ライス一杯かるくイケる美味しさ。

ライスなくなってしまった。まだ、穴子天イカ天残っていた。

ライスと味噌汁はおかわり自由。おかわりした。

おかわりライス

残ってた天ぷら乗せて、いただきます。
ふわふわな穴子天
肉厚なイカ天
ライス
美味しさ当たり前。

お腹いっぱい。ごちそうさま。




↑このページのトップヘ